Studio modello di plastic

アクセスカウンタ

zoom RSS 閑話56 第56回静岡ホビーショー その3

<<   作成日時 : 2017/05/18 04:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

ふと気づくと、仕事やら艦これやらが溜まってしまって、
なかなかブログが更新できない毎日です。
いかがお過ごしでしょうか?
ロコンディーです。

さて、今回も静岡ホビーショーを紹介していきましょう。
最初はタミヤブーズから。

画像


まずはロコンディーも購入し、積みプラしてある1/350陽炎です。
画像


そして、完全リニューアルしたウォーターラインの島風です。
画像

新金型で、1944年11月頃の再現をしているそうです。
さらには12.7cm連装砲はポリキャップで稼働することが出来るようになっており、、
ウォーターラインも確実に進化していますね。

そして、その島風リニューアルに伴い、
なんと、ついにタミヤから舞鶴海軍工廠グレイのスプレーが発売されるそうです!
画像


思わず、ブースの方に「ホントですか?」と聞いてしまいましたが、
今まで、舞鶴グレーはクレオスの「Mr.カラー 特色セット CS641 日本海軍工廠標準色カラーセット」を買わないと入っていなかったので、本当に驚きました。
今回はとりあえずスプレーのみの発売でビンでの発売は未定ですが、今後の売れ行きなどにより、
ビン入りも出るかもしれないとの事です。
いや〜、艦これ人気が巡り巡ってこのような塗料にまで及んでくると嬉しくなってしまいます。

というわけで、タミヤブースでは舞鶴海軍工廠グレースプレーが一番印象に残りました。



続いてはファインモールドから、
ナノドレットシリーズで「ボフォース40mm四連装機関砲」「九六式25mm単装機銃」「九六式25mm三連装機銃」です。
画像

画像

画像


以前からもそうですが、
ナノドレットシリーズはプラスチックで出来る限界を行ってるのではないでしょうか?
画像

銃身の細さや繊細なモールドなど、
下手したらエッチングパーツよりも繊細かもしれないです。

その他にも、12.7連装高角砲やポンポン砲などもありました。


以上が大手メーカーの艦船モデルでした。


あとは、ロコンディーが個人的に気になったものです。

毎年、奇想天外なプラモデルを発表しているプラッツは
今年は盆栽プラモデルに引き続き「ハンドメイド・ガーデニングセット」が展示されていました。
画像

草や花などの部品があって、ジオラマなどで重宝するのではないでしょうか?

そして、もう一つ。
「A.Rodin 考える人キット」です。

画像


なぜ、これを製品化しようと思ったのか?
どのような場面でこの製品を活用するのか?などなど
色々と聞きたいことがありますが、やはりインパクトは大きいです。


そして、今年で一番インパクトがあったのが、
1/1 瑞雲計画の展示です。
画像

画像


富士急ハイランドとのコラボで、「艦これ」運営鎮守府が進めている【1/1スケール】原寸大「瑞雲」計画だそうで、
キャノピーやプロペラなどが展示されていました。
もちろん、メインキャラクターは瑞雲師匠こと日向さんです。

毎年恒例の静岡地本からは、あの機動戦闘車が展示されていました。
画像

画像


残念ながら、今年は雨だったので静岡地本マスコット「しずぽん」はいなかったのですが、
横須賀地方総監部のブースで、海自迷彩のくまモンが座っていました。
画像


まだまだ、いろいろ見たり、写真を撮ってきましたが、
差し当って第56回静岡ホビーショーはこのくらいにしておきたいと思います。
また、来年もいけたらいいなぁ〜と思います。

さて、次回は艦これ春イベントを簡単にまとめてみたいと思います。

それでわ。
(* ̄∇ ̄)ノ










艦船ランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1/350 陽炎 その1
みなさんこんにちわ。 寒くなってきましたね〜。 ロコンディーです。 ...続きを見る
Studio modello di pl...
2018/11/03 23:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
閑話56 第56回静岡ホビーショー その3 Studio modello di plastic/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる